隠しているつもりが、全部バレている話。

この記事は4分で読めます

こんにちは、篠原です。

産休育休を得て児童館の職員をやめ、

現在一般的なバイトしている私ですが、

 

 

最近、すごい事に気づきました。

 

 

バイト先に、

 

優しくて渋くて素敵な上司がおられ、

 

渋好みの篠原は勝手にモチベーションが上がるわけですが。

 

注目すべきはそこではなく。

 

 

10年も続けた児童館職員時代、

 

『この人素敵!』

って、ときめいたこと、

1度たりともなかった! ってこと。

 

 

もともと、保育士と同じで男性が少なめの職業ではあるのですが、

 

 

それにしても、本当になかったんですよね。

 

 

思うに、

 

保育現場(小学生を預かるのも、教育と区別して保育と言います)にいる男性って、

 

自分が子ども以上に子どもか、男性やけどお母さんみたいな人かどっちかなんですよね。

 

 

人間として素敵な人はおられたんですが、

男性として魅力的な人に新たに出会うことのない生活。

 

妊娠してからは飲みに行くこともなかったので、

 

 

丸7年も!!

 

これって、なかなかの偏りだと思うのですが、どうでしょう。

 

 

 

でですね、

 

今回改めて私、

 

自分が男性の何に『素敵!』と感じているのか、考えてみたんですよ。

 

そしたら、篠原のときめきポイントは、

以下の3点でした。

 

 

①優しい。相手をきちんと見て気遣いができる人。

②仕事を真面目にする人。

③愛妻家(相手が彼女でも可)。

 

①と②はもう、社会人長いですからね。

大人として素敵な人に必要な要素ですよね。

 

ただ、自分でも意外だったのは③ですね。

 

これは、単に夫婦仲が良いだけでなく、

 

奥さんや彼女をお母さん扱いせず、大切にしている人。

 

という点が重要です。

(この点において保育現場の人は、男性自体が子どもなのでどうも外れるようです。)

 

 

ちなみに、独身時代から、

奥さんでも彼女でも決まったパートナーのおられる方は恋愛対象外ですし、

今は家庭もあるしなおさら、そういう意味合いではないです。

 

 

大事なのは魅力的!素敵!と思えるかどうかの要素です。

 

 

で、

 

今回もっとも声を大にして言いたいのは、

 

 

 

嫁の悪口言う奴はろくでもねえ!!

 

ってことです。

 

よく、

飲み会に誘われたとき嬉しそうに

『嫁さんが怖いので帰ります』って、

鬼嫁見たく言うて断る人がいるけど、

 

これも、

『大事な妻と子どもが待ってるんで帰ります!』じゃダメなのかと。

 

というか、

 

嫁を『鬼』呼ばわりできる人って、

 

『自分は一番身近な人を大事にしていません!!』って、

宣言してるようなもんだとおもうのです。

 

 

つまりは

 

『自分と関わっても、あなたを大事にしないよ。

 俺は自分のことしか考えてないからね!』

って、自分で言うてしまっている。

 

 

しかも大抵は無自覚に。

 

その無神経さがいっそうその人を小さい人間に見せるのだと。

 

 

 

そして40歳も近づいてくると、

 

そういう思考や人となりが、

 

ものすごく外見にはっきりにじみ出ていて、

ごまかしがきかないのだと!!

 

 

 

昔、まだ23くらいで世間知らずだったとき、

 

超尊敬する素敵でやさしくて旦那さん大好きで家族をっものすごく大切にしていて、

60代だけどめちゃくちゃチャーミングで可愛い酪農家さんの奥さんが、

 

『年をとるとね、その人がどんな風に育って、

 どんな風に生きてきたかは見ただけでわかるものよ。』

 

 

といって

『あなたは優しいからきっとすてきな家庭を作って幸せになれるわ。』と、

私を褒めてくださって号泣したことがあるんだけど。

 

 

40近づいてきたいまなら、わかる!

 

 

本人バレてないつもりでいるけど、

全部出てる。

 

 

 

そして私の人となりもきっと。

 

 

いちいち気にしてないけど、

きっとバレてるんだろうなあ。

 

 

ブログ読んでくださってる人はまあ、外見は見えないですけど、

きっとそれでも。

 

 

 

ちなみに、

ツイッターでは自由なおかんを名乗っている篠原ですが、

 

単独でいると未だに初対面の人に

 

『学生さんですか??』って聞かれる。

 

それがわりと頻繁に。

冗談とかでなくマジな顔で。

 

 

、『37歳で子どもが3人います』と答えると本気で驚愕される。

 

 

 

これってどうなんでしょう?

 

 

特に童顔なわけでもないから、

未だに苦労してない世間知らずな顔をしてるってことでしょうか??

 

 

あるいは仕事中とか一人でいると完全に自分がお母さんとか忘れているからでしょうか。

 

いずれにしても

『お母さんとしての責任を背負ってます!!』って顔じゃないんでしょうね。

 

 

いつもちょっと複雑な気持ちになります。

 

 

あと、年齢については小学生に聞かれるまま隠さずに正直に言うてきたので、

自分の中でただの数字でしかないのかもしれません。

 

意識したことがないので顔が大人にならないのかな??

 

 

 

うーん、

 

もうすこし格好つけてかっこいい大人になりたいものです。

 

 

といってとりあえず、

ボサボサの眉毛を整える事から始めた自分にかっこよい大人は遠いのですが。

 

 

 

どうせみんなにバレているなら、

幸せそうに見えるといいな、と思います。

 

 

 

それでは、また。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!1

 

 

 

 

篠原みなも

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。