なぜ静かにすべき場所で騒ぐ子どもがいるのか、という話

この記事は3分で読めます

こんにちは、篠原です。

 

 

先日、ツイッターで

 

『美術館にこどもを連れて行くのは非常識か?』

 

という話題が出て、

 

 

『3歳か4歳から普通に連れてかれてたよ私。

でも騒いだことないよ。長男もそうだよ。

 

 

京都市美術館とか建物も好きだったわ。

お寺の天井彫刻とか幼稚園のお参り中めっちゃ眺めてたわ』

 

とかつぶやいてたら当時の記憶がありありと思い出されて、

 

 

 

 

今、猛烈に美術館行きたい。

 

 

でもうちいま、保育園児の6歳4歳1歳だから、

 

長男は全く問題ないとして、

 

あるきはじめの末っ子と、ちびゴリラみたいな次男はどうなんやろう、と。

 

 

 

『うるさくするかなんてこどもによるから一括りにすんな!』というたものの、

 

長らく小学生に関わる仕事していたし、

自分も集団行動は苦手なので、

 

「興味のある無しでこどもによっては暇で退屈で場合によっては苦痛でしかない」

ということはよくわかっている。

 

でも、逆に長らく子どもと関わってきたからこそ、

 

『子どもは案外、場の空気を理解して適応する』というのも知ってる。

 

 

自分が大人と同じように扱われる場だと、

普段とは違う姿を見せるのだ。

 

 

例えばお茶席。

 

普段じっとするのが苦手な子でも、

 

美しい所作で一人の客人としてもてなされれば、

きちんと正座して丁寧にお辞儀して、

終わった後『たのしかった!』

 

というのを何回もみてきている。

 

 

あとは結婚式とか。

 

私は神社で神前式だったんだけど、

時期的に友人の子どもさんたち小さくて、

赤ちゃんから5歳児まで確か5,6人いたけど、

神主さんが祈祷してはる間はみんなすごく静かだった。

(披露宴のときの歓談中とかははしゃいでたけどね)

 

 

 

『最近の子供はこどもの躾がなってない!』と、

言うのは簡単だけれど、

 

でもその前に、

あなたはこどもと、

『一人の人間として関わったことがあるか?』と、

問いたい。

 

 

私は、

どんな場所でも騒ぐのを許されている子って、

小学生だろうが大学生だろうが、

結局ずっと親から赤ちゃん扱いされているのだと思う。

 

 

同じ二十歳の子でも、

集団で大騒ぎしている大学生と、

高卒で真面目に働いてる子の雰囲気がぜんっぜん違うのは、

 

『普段どれだけ大人として扱われているかどうか』の違いだと。

 

 

だから、

本当のお金持ちの子がなぜ、

大人しか行けないような場所に対応できるかというと、

それだけ大人と同じ扱いを受ける機会を得ているから、

に、ほかならない。

 

 

 

だからこそ超高級ホテルやレストランは別として、

 美術館やお茶席や舞台や寺社仏閣のような静かにすることが求められる場所を、

お金持ちしか入れないにするのって超もったいないと思うの。

 

 

フランダースの犬じゃないんだから!!

 

 

むしろそうして、

文化や歴史に触れる場からこどもを排除するのは、

 

定年退職するまで美術館も枯山水も自分から見る文化がまったくなくて、

現在各所で大声で騒いでる超迷惑な中高年を量産する行為じゃないですか??

 

 

 

というわけで繰り返します。

 

美術館はこどもも連れ行っていい場所!!

 

ただし騒いでる子を見かけたら、

篠原は遠慮せずこどもに話しかけますよ。親御さんではなく(笑)。

 

『ここはしずかに絵を見る場所だから、大きな声をだすのは外に出てからにしてね。』って。

 

案外こどもは話聞いてくれます。

 

知らないだけの場合も多いです。

 

 

というわけで決めました。

 

今日私、

こども3人連れて美術館行ってくるわ。

 

1歳の娘はともかく、

普段サルのような4歳次男が、

全くもって言う事聞かずに大声出して走り回ったりしたら、

 

とりあえずツイッターで意見させていただいた方に、

平身低頭謝りたいと思います。

 

 

というわけでどの美術館にしようかなー!!

 

久しぶりだし楽しみすぎる。

 

というわけで今日はこのへんで。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

篠原みなも

 

 

 

 

追記。

お寺の話で思い出したけど、

うち毎月一回実家にお坊さんが来て読経してくれる月参りのとき。

暇だからお経の本の韻の記号とか解読していたわ。

なんかそういう子なのよ、たぶん今でも。

 

………………………………………………………………………………………………

 

このブログのご意見、質問、ご感想はこちらから。

子育てでお悩みの方も、よければメールください。

些細な事でも結構ですのでお送りいただくと大変嬉しいです。

ツイッターで@jiyuunaokanあてに絡んでいただくのも大歓迎です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月1日
コメントは利用できません。

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。