こどもにみせたくないアニメの話

この記事は5分で読めます

こんにちは。篠原です。

今朝はすっきり早起きしたからこれを書いてます。

昨日はバイト先に制服を返し、
菓子折り持って挨拶もし、
派遣会社に連絡もすませ、
とりあえず一段落フ~( ´Д`)=3

で、しかし背中が痛むので、
こんなふうに次男が手当てしてくれたら、治った。

手当てすごい!

次男はこの他にも、
『きょうこーひーぎゅうにゅうのんだ?』
と、
なぜか私のコーヒー牛乳摂取を医師のように確認し、

『飲んだ』
とこたえると、
『じゃあこわいゆめみないおまじないするね!』

ってなにやら呪文を唱えてくれる。
『お薬だしときますね~』みたいな口調で。

で、
効果はわりとあって、
私基本的に夢見悪いんやけど最近は『へんな夢』程度になった。

ありがとう、次男はやさしいな~?

はいでは今日は、
わたしがひたすらぼやいていたあの話題。

超ご長寿なあのアニメの話。

そんなに愚痴ってないつもりがかなり書いていたから、
私は相当サザエさんがキライらしい。

もっそい、イライラしてしまう。

かわいいからカオリちゃんと結婚したいとか、花沢さんはいまいちとか、
カツオくんの一方的な品定めはもちろんだが、

逆に、女子たちの、
『いい旦那さんランキング』的なんも、

お互いがいいならいいやんか!!

てか別に夫婦である必要すらないんやからな!!

と、無駄な怒りに震えてしまう。

いや、わかるんやで。

これは世代間ギャップやねん。

だって

サザエさんのあの髪形、
リアルにうちのばーちゃん(大正生まれ)が若いときに流行ったやつやから。
※昔写真でみて実在したことに戦慄した

当時最先端やったんよね。

サザエさんは漫画も昔あったけど、
波平さんは戦争に行ってた世代。

90代後半~100歳越える世代の人で、
カツオくんだって団塊の世代かその下あたりやと思えば、
まあ仕方ない。

当時当たり前された考え方が、
時代に合わなくなってきたんだ。
漫画とアニメもずいぶん変わってるし、

それでもなお無理が出てきたって話。

しかしお節介な私は息子たちに、
しなくていい自己主張をしてしまう。

『かあちゃんサザエさんきらい』
と。

長男と次男それぞれと話した結果がめちゃくちゃ面白かったので、はる。

■長男編

■次男編

とりあえず思ったのは、

息子たちがすごくいいかんじに育ってんだな、っていうこと。

『いいとおもう』
『これは嫌だ』
を、
ちゃんと自分で判断してることだ。

特に夫に対して、
息子たちは二人ともとうちゃんがだいすきなんだけど、

『いじわるしたりわるくちいうとこはきらい』
『とうさんはえらいからいうこと聞けってルールを勝手に決めるのはおかしい』

私に対しても
『ないしょのはなしをとうちゃんにするのはわるい!』

は、
めちゃくちゃまっとう。
正論すぎてわたしがびっくりした。

人格ではなく行動の一部を否定しているから。

きらいな部分があっても、
一緒にいることはできると、
体現してるから。

『こどもには自浄作用があるから、
親がいいとか悪いとか決めないで乱読してるうちに、自分でわかるようになるわよ』

って昔瀬戸内寂聴さんが言ってたけどその通りだったわ。

たぶん彼らは心配ない。

私が気に入らないだけだな。

もう、
違うブーム巻き起こすしかないな。

あるいはあれは大河ドラマやから
今と違うのよ、

くらいの認識でいいかも。

とにかく目くじらたてずに平和に暮らすとするわ。

篠原みなも

追伸

ブログ更新したりツイッターで言えないことは、
メルマガで流してますので登録おねがいします。
http://shinohara-minamo.com/merumaga

日々のメール以外に以前勢いで友人と収録したゆるい育児セミナーも公開してます。
一つ5分~15分くらいの音声動画が、
しばらく無料で送られてくるようになってます。

毎日更新!ツイッター
自由なおかん@篠原みなものフォローはこちらから
https://twitter.com/jiyuunaokan

LINEのお友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40ypk7867f

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。