『私を支えてくれた曲』篠原のメルマガその⑨

この記事は2分で読めます

こんにちは、篠原です。

 

今日はあんまし頭が働かずぼーっとしてるので短めに。

 

私が大好きな曲のご紹介など。

 

それはこちら。

 

小田和正さんの『風の坂道』って曲。

 

中学のときに仲良くしてたいとこが、

当時カセットテープにおすすめの曲を入れたのをくれたんだ。

 

で、それから20年以上たっても大好きな曲で、

 

環境も私もどんどん変わったけど、

 

この曲が響く場所はずっと同じだったので、

 

いまどんな状況に立ってる人にでも、

 

響いたらうれしいな、と思うので載せます。

 

『風の坂道』

作曲:小田和正

作詞:小田和正

 

 

 

君とはじめて会った その時から

自分が 変わってゆくのが分かった

君がはじめて 涙 流した時

人を傷つける 哀しさを知った

 

ありふれた日々が かゞやいてゆく

ありふれた今が 思い出に変わる

誰れのものでも 誰れの為でもない

かけがえのないこの僕の人生

 

愛という言葉をはじめて 語ってから

このまゝ流されては 生きてゆけないと誓った

こうしてこの時が 続けばと願ってから

人生はやがて たしかに終わると感じた

 

ありふれた日々が かゞやいてゆく

ありふれた今が 思い出に変わる

誰れのものでも 誰れの為でもない

かけがえのないこの僕の人生

 

言葉の前に走り出す いつも遠くを見ている

いゝわけしていないか 怒りを忘れてないか

弱いから立ち向える 哀しいからやさしくなれる

時はこぼれていないか 愛は流されていないか

 

二人で生きる 夢破れても

二人立ち尽くしても 明日を迎える

 

誰れのものでも 誰れの為でもない

かけがえのない 今 風に吹かれて

かけがえのないこの僕の人生

 

ほんとうに大切なものに 気がついて

それを忘れてはいけないと 心に

 

決して それを忘れてはいけないと

 

 

…私の芯にある言葉は、

『言葉の前に走り出す

いつも遠くを見ている

言い訳していないか

怒りを忘れてないか』

です。

 

 

ここだけでもいい。

ここだけでも生きていける。

 

 

いつも自分のひらめきを信じて走り出す。

理由はあとから考える。

 

そうやってずっと生きてきた。

 

私は私の正直さを信じているし、

人の痛みに呼応する優しさを知っている。

 

以前親の役割は、

『信頼すること』だと言ったけど。

 

自分に対しても同じだ。

 

私は私を、

心から信頼している。

 

一緒に行けば確実にしあわせが待っている。

 

今日もそう信じて、

走り続けてる。

 

 

 

篠原みなも

 

 

『心配することは、親の仕事か?』篠原のメルマガその④

このブログのご質問、ご感想はこちらから。

感想いただけたら狂喜乱舞します。相談質問もお気軽にどうぞ。

※毎日届く!読むと元気が出る!

篠原のメルマガ、登録はこちら

LINEのお友達登録はこちら

Facebookリンクはこちら

Twitterアカウント→@jiyuunaokan


自己ベスト 小田和正


個人主義 小田和正

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。