ブルーナボンボンが、かわいすぎる話

この記事は3分で読めます

おはようございます。篠原です。

 

 

今朝は、

なんでか三人目までを産んだのと違う病院で、

 

四人目をマッハでぷりっと生んで、

 

 

その直後電動車イスで病院横の田んぼを暴走するという夢をみた。

ヒャッハー\(^o^)/

そのあと様子を見にきた旦那も乗せて一緒に暴走していた。

なんなんだ、マッドマックスか(´・ω・`)

 

 

 

 

…そのわりにはどっかで投げ捨てた靴とか丁寧に回収とかしてた。

 

 

なんだったのだ。

 

 

 

さて、乗り物といえばさいきん、

 

我が家にやってきた、

超絶キュートな乗り物をご紹介。

 

 

その名も、

ブルーナボンボン!!

 

こ、れ、だ!

 

去年の今頃その存在を知り、

 

え!むすめたん一歳誕生日にあげれば良かった!!

 

と、じたばたしていたら、

 

なんと三歳からとかかれてるではありませんか!

 

 

よし!来年は必ず!

 

と、胸に誓ったわたくし、

 

今年は間に合いました☆

 

届いたときはこんなかんじでぺったんこ。

 

専用の空気入れがちゃんとついてて、

 

胴の膨らみ具合を説明書の紙にあるメジャーで合わせて膨らませます。

栓は浮き輪とかに比べたらはるかにしっかりしたかんじで

昔あった空気入れるタイプのアンパンマンがやわく見えるぜ。

 

そして、

 

ふくらんだ様子がこちら。

 

 

か、、かわいい( ;∀;)

 

 

さらにむすめたんが乗るとこんなかんじ。

ぎゃーかわいいいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

あまりのかわゆさに長男とキャーキャー言ったあと旦那もよぶ。

 

 

かわゆさの極みであります( ;∀;)

 

 

対象年齢が三歳からなのは、

はずむのが結構難しいからやとおもう。

 

思うけど、

足が届いているのでうちの子は一応大丈夫かな?

と、使ってます。

2歳児は弾まないので。

 

 

思い切り弾むと、

後ろ向けにばーんとはずんでこけたら後頭部打つからご注意。

 

 

うちはだから必ずジョイントマットの上でやってます。

 

 

 

ちなみにこのブルーナボンボン、

制限体重はなんと90キロ( ゚Д゚)

 

丈夫なんだね。

 

そして香りは『ミルクの香り』、

バニラクッキーの香りっぽいです。

 

 

茶色のやつもあって、

そっちはチョコの香り。

 

 

こんなにおいしそうな匂いで大丈夫?

食べちゃわないかな?

 

と思ってたら案の定買って三日目に

『あい!』って、

何やらいい香りのするネバネバしたものを

口から出して手渡してくれました( ;∀;)。

 

えーなにそれいらなーい!!

 

といいながらミッフィーの耳をフキフキしましたとさ。

 

 

さて、最近のヒットは、

ブルーナボンボンにまたがってテレビをみる娘さん。

更にアマゾンの外箱に入る兄たち☆

後ろ姿に和みます。

 

 

兄二人も使うんだけど、

やはりこの小さな生き物がミッフィーに乗ってる妖精感!

がたまらない…

 

 

というわけでお一ついかがですか?

 

お家の中がメルヘン空間に早変わりしますよ(*^^*)

 

 

篠原みなも

※これ書いてから知ったんだが、グレーの石鹸の香りのミッフィーも出てるらしい。
是非チェックしてみてみて!!

追伸

篠原のゆるい子育てに興味があるあなたへ!

世の中のママたちにがホッとする音声を撮りまして、

YouTubeで公開しています。

ここからメルマガに登録すると

一つ5分~15分くらいの動画が、

無料で送られてくるようになってます。

 

 

追伸2

7月は福井県でみなもの子育て講座やるのが決定しましたー(*^^*)

※日程や詳細はここから

 

このブログのご質問、ご感想はこちらから。

感想いただけたら狂喜乱舞します。相談質問もお気軽にどうぞ。

LINEのお友達登録はこちら

Facebookリンクはこちら

Twitterアカウント→@jiyuunaokan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。