『私って、優しいママかも』と、自信が持てるようになる方法

この記事は7分で読めます

こんにちは、篠原みなもです。

 

 

今日も夫不在で休日ワンオペ。

 

朝からだるーい。

動きたくなーい。

 

と思ってたら8時に子どもに起こされた。

 

 

かあちゃーん!おきて!てちゅどうはくぶつかんいくんでしょ!』

と次男。

 

そうだった…

昨日長男がお疲れメンタルで泣き崩れて土曜日の学童保育を欠席、

ずるいずるーい!!と叫ぶ次男を説得するため言うたのが、

『明日好きなとこつれてってあげるから!』だった。

京都鉄道博物館。

私も好きな場所ではあるんだ。

 

でもかあちゃんしんどい…

 

『えー!やくそくしたのに???!!!』

 

わかった!お願いだから大声出さないで!!

と、

何気なくスマホを手に取りツイッター。

 

『もう!!かあちゃんあそばないで!!』

 

 

と言われ耳を塞ぎながら、

先日のツイートから母を思い出す。

なんかいっつも本当は超心配してるけど、

気を遣ってなかなか会おうとは言わない両親…。

 

 

わかった。まーちゃんに相談してみるよ。

 

 

『えー!まーちゃん?!』やったあ。

 

 

まーちゃんは私の母の愛称。

『おばあちゃんとよばれたくない』

『お母さんとお義母さん、おばあちゃんが二人なのはややこしいから』という理由で

実母が希望した呼び方。

 

長男出産後、

私と夫も実母をそう呼ぶ。

 

さて、

そんなわけで母に、

体調がイマイチだけどつれださねばならないので、

3方向に散る我が子の助っ人をお願いしたいのですが…

 

と、打診したら快くオッケーしてくれました。

しかも妹もきてくれるっぽい。

 

やっほー!!

 

 

途端に元気が湧いてきて、

『長男くん!次男くん!』

と、二人がテレビを止めてコチラを見るのを待ってから、

こう切り出します。

 

私『今日は鉄道博物館にいきます!まーちゃんもきてくれます』

息子たち『やったー!!』

私『ただ、みての通りおうちはとっても汚いです』

次男『えー?べちゅべちゅそんなことないけど?』

私『いや、めっっちゃきたないし!!』

長男『えー』

私『お掃除ビンゴをします』

息子たち『やったー!!』

 

 

※お掃除ビンゴとは、年末にツイッターでめちゃくちゃ拡散されていた、

とあるたのしく生きるのが上手な方のアイデア。

やるべきことを書き上げてビンゴにし、

1ビンゴ…美味しいコーヒーを飲む、

2ビンゴ…スイーツをかう

とか、なんでもいいからご褒美を用意し、

自分を褒め称えモチベーションを上げる素晴らしいシステム。

 

で、やりましたよお掃除ビンゴ。

今回は息子の仕事多め。

こんな感じ。

 

 

でも、予想以上の頑張りを見せる息子二人。

 

真っ先に『掃除機かける!!』と言ったのは次男。

いつもエンジンかかるのは一番。

 

長男がそのへんにあるおもちゃを片付けようとして、

びゆんびゅんごま見つけて回したり

絵本を手にとって読んだりしてる間に、

寝室の掃除機かけをあらかた終わらせる。

 

『めっちゃはやい!きれいになったわ次男くんすごーい!!』

 

というたら長男もやる気になったらしい。

 

『おもちゃと絵本はまかせて!』っと言うたあと、

本棚から絵本をバサバサ…

 

嫌な予感がする…

 

長男くん、それは何をしてるのかな??

 

『あのね!絵本をおんなじシリーズで並べてんの!!』

 

まじかー( ;∀;)

『ごめん!それはかえってからやってもらえないかな?

まーちゃん待ってるし今日は掃除機をかけたいの!!』

 

『わかった』

 

と言って戻していた本棚をあとから見たら、

 

え、平積み…??

 

 

『あ、あのねー、たなのいたのネジがどっかいっちゃったの』

 

 

えええー( ;∀;)

ホンマに君は何をしとるのか。

いろいろ私そっくりで怒るの難しいわ。

 

 

 

そんなこんなしてたら、

 

さっさと寝室の次はリビングに掃除機を掛けた次男が、

布団の山をから山へ飛び移って遊んでる。

さすが。

仕事も早いが飽きるのも早い。

 

その間を一緒にキャーキャーいいながら走り回る末娘さん。

 

 

それを見て長男がいう

『娘ちゃんはなんもしないのずるーい』

 

 

『そうか。ずるいかなー。

娘ちゃんはまだ赤ちゃんやから、

お掃除の邪魔しないでけがしないでご機嫌に遊んでるだけ立派やで。

長男くんも次男くんもあかちゃんのときはそうやったよ。

長男くんはお兄ちゃんやからお掃除できるんやで』

 

 

『そうかー』

 

 

おお、納得するんや長男。

すごいわ。

 

 

その後、

 

 

『かあちゃーん!娘ちゃんがたいへん!』

 

て次男に呼ばれて見に行くと、

 

兄の言葉にプライドが傷ついたのか、

お手伝いしたくって、

自分の引き出しの服を全部だしてくれてる娘さんがいました。

 

 

わあ、ありがとう( ;∀;)

 

 

『もう、いいよ、

危ない遊びやないしほっといて』

 

『そっかー』

 

 

といって油断していたら娘さんはその後、

引き出し3つ分の服を何故か一つに戻しはじめて山積みにし、

引き出しが倒れてきて怒ってた。

 

軽いプラスチック製のだから無傷やったけど、

 

娘さんは将来すごく働く子になるんや無かろうか。

 

 

さて、

 

そんなこんなで、

わずか一時間半で、

皿洗い以外のミッションはコンプリートし、

予定になかった廊下の掃除とか、

洗濯物片付けまでやってくれた息子たちを讃え、

大喜びできれいになった部屋をあとにし、

皿洗いは帰宅後にしようと出発。

 

しようとするもテンション上がりすぎて、

玄関で戦いごっこを始めるので『早く先に下りて!』と怒鳴ってしまう(´・ω・`)

 

 

出発はぎりぎりになり、

バス停までちょっと走ったらすっ転ぶ次男。

 

痛すぎて私に殴りかかるのでハグして落ち着かせ、

『乗り遅れたら次のバスに乗ろう』

と、いうと自分も落ち着いてきた。

 

 

そうだ別に、

乗りそびれて15分遅れても母は怒るまい。

でも、次男が流血してたら心配するわ。

 

と、

歩いていったら、

ベストなタイミングでバス到着。

 

席を譲ってくれる親切な方に感謝しつつ、

渋滞もなく、梅小路公園(鉄道博物館のある公園)についたのでした。

 

新緑がめっちゃきれいでした!!

 

 

と、ここまではいつもどおりなかなか大変やったんですが、

 

 

 

今日はここから先があまりにも普段と違ったので、

感動しながらちょいちょいツイート。

 

まずはこれドーン!!

大人と子どもの人数が同じ!

同じですよ!

普段大人1子ども3が9割。

1割の確率で大人2ですが3方向に走ってくから一人足りないんですよ。

そう、結局はタイミング。

タイミングなのよ。

一人で3人連れてくと、

常に誰かが我慢してなきゃいけないの。

 

ちなみに私は終始我慢しないと行けなくなるんだが!!

それが当たり前になってしまうのがワンオペ育児の恐ろしさ

 

しかし今日はなんと、

娘さんがべビーカーで爆睡、

長男次男それぞれ母と妹が見てくれてる時間があり、

頭痛に悩まされてた私はその間つめたいコーヒーでこめかみを冷やしながら、

ベンチに座って少し休むことができた。

 

何たる至福!!

何たるパラダイス!!

 

しかも準備のいい妹が頭痛薬とか出そうとしてくれたし。

心配嬉しい。ありがとう。

 

 

そう

普段いかに自分が自分がしんどいとき休めていないのか、

そして夫がいかに私の心配をしてないか

 

母と妹の優しさに泣きそうになりながら、

改めて実感しました。

 

 

ほんで、

 

今日一番ビックリしたことを今から書きます。

 

それはこれ。

 

母に撮ってもらった写真。

しっかりと息子二人の手をつないだ後ろ姿。

娘を抱いて笑っている写真。

 

 

個人情報がアレなんで貼れないのが残念ですが、

 

本当にいい写真でした。

なんというか、新鮮な驚きがあった。

 

 

 

最近、

久しぶりに会う人会う人に、

 

『いいお母さんになったね』

と言われるのですが。

 

え、そうなの?

私わかんないわ。

 

なんか変わってるんか?

相変わらずお子様な精神のままやで。

 

と、

素直に受け入れられずにいたけど。

 

 

今日の写真を見て、

ただ、

我が子を愛しく思っているのがわかって、

 

とにかくうれしかった。

 

 

ほんで、

夕方にツイートしたらめちゃくちゃ伸びに伸びたのを見て、

わたしは思ったね。

 

全国の、

妻の写真取らないパパ、

愛しい我が子だけじゃなくて、

子といる妻の写真、

ガンガン撮ろうぜ。

 

ほんで、

妻が子育てに疲れて自信をなくして

『私ってひどいおかあさん』って落ち込んでたら、

その写真を見せてこう言うんだ。

 

『見てごらん、あなたはちゃんと子どもちゃんを愛してるよ。

この写真見ればわかるよ』

 

と。

 

 

 

…ごめん、これ夫が言ってるの想像したら、

非常に腹が立ってきたから訂正。

 

 

とにかくママと子どもの写真、

できれば遠目のアングルで、

時々は後ろ姿も撮ってほしい。

そしたらママはそのいい顔の写真を集めて、

自信をなくしたとき眺めればいいんじゃないかと。

 

うちの夫がそうだけど、

 

私が撮影した、

夫と子の写真はたくさんあって、

その表情はとても優しいから、

 

関わってる時間が少ないわりに、

『俺っていいパパしてるな』

と、

案外夫は自分を客観的に見れてるんじゃないか。

 

ママもやさしく子と触れ合う写真が一枚でもあって、

それを部屋に飾ることができたら、

自分を客観視できて、

『わたしけっこう素敵な顔でママしてるやん?』

と、思えるんじゃないか?

と思うので、

とりあえず我が家で実験してみますね。

 

 

それでは。また。

 

 

 

篠原みなも

 

 

追伸。

今日は夕方までいたから、

SLスチーム号に乗りそびれたにゃけど、

扇車場をくるくるまわって、

機関庫に戻っていく様子が見れて、

『おお…トーマスの世界や』

と、感動いたしました。

 

追伸2

お掃除ビンゴのご褒美アイスは

ミニストップのいちご果実氷。

ありがとうミニストップ。

美味しかった( ;∀;)

追伸3

こないだから育児について友人のyukawaちゃんとラジオみたいに話した音声を、

YouTubeで公開しています。

 

一つは

『母性本能なんて曖昧なもので子育てができてたまるか!第一章』

↑※クリックするとYouTubeにとびます。45分位のゆるい動画です。

 

これ、実は第7章まであって、

ここからメルマガに登録すると

残りの2章~7章(一つ5分~15分くらいの動画)が、

毎日送られてくるようになってます。

 

 

2つ目は

イヤイヤ期になったら試してほしい3つの方法』

↑※クリックするとYouTubeにとびます。25分位のゆるい動画です。

これらは今回全部無料配信ですが、

 

今後もどんどん、

ママが元気になって役に立つ動画をどんどん作っていく予定。

つきましては、

その動画が見放題!になる部活も作ったのでご紹介。

『きらくたのしくこそだてママ部』のご案内はコチラから

今日、早くもママ部部活入部希望の方からお問い合わせいただきました。

超嬉しいですありがとうございます( ;∀;)

今月中にはママ部内限定公開の、

『我が子を褒め褒めセミナー』収録しますので、

早速入部して収録に(ネット上で)立ち会って見ませんか??

 

それではまたねー(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。