夫と向き合うのはなし

この記事は4分で読めます

こんにちは、篠原です。

今日は夫のはなし。

最近こんなツイートがつづいてます。

ことしに入って、
まあ、なんと三回もマジな離婚危機を迎えた私らでしたが、

こないだひらめいた
人と関わる姿勢の三本柱、
『見守る』
『寄りそう』
『向き合う』を、

夫にもぐりぐり実践してる。

例えば、
夫は、

ものすごく一貫性がないし、
コロコロ意見を変えるから、
こちらもいっつも『はあ(; ・`д・´)?』

っていうてしまってたし、

とにかく
『めんどくさいかどうか』
を基準にしてるんだと思ってた。

でも最近は、
『夫はこう思ってるにちがいない』
は、あくまで自分の妄想だということを、

つくづく思うので、
フラットに見るようこころがけて、

みえてきたのがこれ。

そう、
夫は『怒られたくない』から、
最初は反射的に私に合わせるんやけど、
実はなんも考えてないし、
納得もしてないから、

返事したことも平気でわすれるし、
一緒にきめたはずのことに対し、
あとで文句をいうてたのだ。

『怒られるかどうか』

はしかし、
義母に対しては有効な方法やったかもやけど、

いまの家族は、
夫と私とこどもたち。

欲しいのは逆らわない配偶者ではなく、
一緒にこの家族のことを考えてくれる、
夫という一人の人間だ。

そう訴え続けたら、
子の反応も変わってきた。

『父親はじめました』の看板がみえるかのように、
特に夫とケンカばかりだった次男が

『とうちゃんお見送りタッチする!』と、

朝とびおきて見おくりにおいかけたりするようになった。

二番目の
『寄りそう』についてはこれだな。

最近少しずつはなしをきいてると、
どうやら夫は、うちの次男のようにがちゃがちゃとおちつかない子で、
相当大人にビシバシ怒られしばかれて育ってきたらしい。

つまりは、

当たり前にこなしているように見えた、
サラリーマンをしてるだけで、
それはもう大変らしいのだ。

だから、

『誰が稼いでると思ってるんだ』

は、

言葉だけならただのモラハラ夫なんだが、

蓋をあけたら、
『これだけ頑張ってるのに褒められ足りてない』って話だった。

だから、
『ありがとう』と『なでなで』で、
少しずつ満たされたんやないかなあ。

最後に、
『向き合う』は、

最近こんなかんじ。


ケンカせず、
『当たり前に』話し合いできるようになってきた。
これはすごいことだ。

結婚9年目。

ようやく、
二人とも親離れして、
新しい家族を、
一緒につくってけるようになった気がする。

篠原みなも

追伸
ブログ更新したりツイッターで言えないことは、
メルマガで流してますので登録おねがいします。
http://shinohara-minamo.com/merumaga

日々のメール以外に
以前勢いで友人と収録したゆるい育児セミナーも公開してます。
一つ5分~15分くらいの音声動画が、
しばらく無料で送られてくるようになってます。

毎日更新!ツイッター
自由なおかん@篠原みなものフォローはこちらから
https://twitter.com/jiyuunaokan

LINEのお友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40ypk7867f

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。