負の連鎖を断ち切る特効薬はない。だが方法はある、って話

この記事は4分で読めます

こんにちは、篠原みなもです。

 

 

今日は長男の学習発表会で、

我がトラウマの巣窟、

小学校に行ってきてたぜ!!

 

 

マンモス校の発表会でズラーッと並ぶ子どもたち。

集合写真に使うような3段の台の最上段に登って、

豆粒みたいな長男はいつもながら一生懸命で、

目があうとちょっと恥ずかしそうに手を振ってくれるんだ。

 

 

ああ、今日もかわいいぜ長男くん。

 

 

 

まあ、そんなこんなで、

くたびれたから、

帰りのスーパーで買った備蓄用のリッツを箱食いしながらこれを書いてる。

(1箱しか買ってないのに)

 

 

長男は今日は学童をサボって帰宅。

借りてきた大好きなドラえもんのひみつシリーズを時折大笑いしながら読んでる。

(リッツの証拠はドアを開ける前に隠滅したぜ!)

 

『3時になったら宿題する!』とか言いながら、

もう3じ超えてる。

まあ、楽しそうだからいいや。

 

と、見ていたら3時2分に『あ!じかん!』て自分で気づいて、

パソコンの隣に来て宿題する!

と場所がないのにいうから、

冗談で

『ここでやるかい?』というたら、

なんとアイロン台でやり始めたで。

 

『あ、かあちゃんプリントに穴があいちゃった』

 

しらんがな。

 

『下になんかひけばいいやん』

『あ!そうか下敷きを持ってくる!』

 

 

 

雑さと丁寧さが同居してるところは私に似ましたな。

 

 

 

 

さて、

最近めちゃくちゃ伸びたツイートに、

こんなのがある。

年長さんまで、

どちらかというと成長が早かった長男は現在

日々、

できたりできなかったり、

ダラダラしたり、

できる子やったり、

『なぜそこを?!』というところをこだわったりしてる。

 

 

で、『その子のいいところをのびのびそだてる』保育園時代と違い、

 

『みんないっしょ』

を強く求められる小学校に入ってからのほうが、

 

長男の、

『大半の子と違う部分』が、

むしろはっきりと見えてきた。

 

 

そして、

保育園時代は自主的にしていたことができなくなったりしてる。

 

求められることも複雑になり、

失敗や抜け落ちも増えた。

 

で、『褒めそこねて黙って傷ついている』ことが増えたのだ。

 

 

 

私自身の話をすると、

小1のときの、

母との些細なすれ違いをきっかけに、

そこそこ距離が保てるようになった20代頭まで、

 

褒められることがほぼなかったので、

まじでこっから先は未知だなーって思いながら子育てしてる。

 

 

ただ、

酪農の仕事でたくさんの家庭と家族ぐるみでおつきあいしたり、

長く児童館の職員をしていたから、

先輩や保護者の人をみていて、

『こんなふうに褒めたい、関わりたい』のモデルはたくさんあって、

それらをかき集めて、

いま、我が子をそだててる。

 

具体的なポイントは3つ。

 

『見守る』

『寄りそう』

『向き合う』

 

 

『見守る』は、ありのままいることを受入れ、失敗も当たり前に捉える。

『寄り添う』は、相手が傷ついたり助けを求めたとき、そっとそばにいて力になる。

『向き合う』は、困難にぶつかったとき、本音と向き合う。

 

 

これは順番で、

『見守って』くれない相手に、助けは求められない。

『寄り添って』くれない相手に本音は話せない。

『向き合って』くれない相手の言うことを聞くのは非常に苦痛なはだ。

 

 

 

最近の、

私のツイートに対するコメントを見てて思うことが、

自分が今、

精神が病んだり自信がないのは、

『自分と親の関係が不健康だったせいだ』

 

 

っていうことはわかってても、

 

じゃあ具体的にどうすればいいのか?

そもそも健全な親子関係ってどないやねん??

自分褒めるとか難易度たかすぎひん?

自分を大事にするってどういうことかわからん!!

 

というひとがたくさんいるんだなってこと。

 

 

そういう人は、

圧倒的に、上の3つの経験が足りないのだ。

 

 

 

本人の性格や資質に問題があるのではない。

ただの、経験不足なのだ。

 

 

経験がないなら、

いまからやればいい。

 

 

そうすれば、

必ず、負の連鎖は断ち切れる。

 

特効薬なんかないけど。

 

 

とにかく

『見守る』

『寄り添う』

『向き合う』

 

を、地味に地味に繰り返した先に、

気づけば、

本当に自分がいたかった場所に、

いられるようになると思う。

 

 

 

だから、

ほんのつい最近まで、

38になってようやく自信を取り戻した私が、

日々やってることをそのまま発信することで、

自信のない人の、

役に立てばいいと、

結構本気で思ってる。

 

 

 

 

 

 

篠原みなも

 

 

 

 

 

 

追伸

 

そんなわけで、

ブログ更新したりツイッターで言えないことは、

メルマガで流してますので登録おねがいします。

http://shinohara-minamo.com/merumaga

 

日々のメール以外に

以前勢いで友人と収録したゆるい育児セミナーも公開してます。

一つ5分~15分くらいの音声動画が、

しばらく無料で送られてくるようになってます。

 

 

毎日更新!ツイッター

自由なおかん@篠原みなものフォローはこちらから

https://twitter.com/jiyuunaokan

LINEのお友達登録はこちらから

https://line.me/R/ti/p/%40ypk7867f

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。