『嫌なことはいや、困ったときは助けてって言える子どもを育てるために長男と向き合ったはなし』

この記事は6分で読めます

こんにちは、篠原です。

昨日あったこと、
ツイッターに書いたのでまとめて貼ってきます。

そんなわけで、
まずは学童の先生にアポを取り、
午前中は
喘息の末娘を小児科に連れてったり、
スーパーでお寿司買ってワイワイ食べたりしながら過ごした。

そして午後。

まあそんなんで。

長男くんは帰宅後すっかり元気を取り戻し、
妹とキャッキャうふふして遊んでたし、
次男が帰って来る前に宿題もちゃんと終わらせて、
次男もさっさと迎えに行って
みんなでお祝いにチョコケーキを食べた。

夕方、
私は事の顛末を、
初めて学校の先生にも話した。
今後学校でなにかあったら、
その時はよろしくおねがいしますねって。

ああ、緊張した( ;∀;)
でも先生が温かく受け止めてくださってよかった。




さて、こっからは夫との話を少し。

夫にはLINEで、
友達とトラブルがあったが言えずに休んだこと、
学童保育の先生に話に行くことは伝えていた。

夫からの返事は一言、
『ヘタレ』。

帰宅した夫が長男と接触する前に。
私はまず静かにこういった。

『夫さんおつかれ。わかってるとは思うけど、長男に絶対“ヘタレ”って言うたらアカンで』
『おう…』
『黙らずに口に出した時点でそれはヘタレではないし、今できないのは当たり前や。』
『うん』
『夫さんはわりとすぐ“子は犯罪者にさえならなければなんでもいい”というけど、犯罪者は特別な人ではなくて、今日みたいなことがあったとき“我慢しなさい!”って抑え込まれて、弱音を吐くことができなくて最終的に思いつめて犯罪と呼ばれるレベルの行為に走ってしまうんや。普通の人との間に境目はないんやで。』
『だっておれは闘ってきたもん』
『そうか。でも長男は“いまは”まだ無理なんや。理不尽なことがあっても、“それが正しいかどうか”を立ち止まって考えてるうちにいえなくなってしまう。ずっとこのままではないよ。今回は付き添いしたけど、いずれは自分で先生に言えるようになってほしいし、最終的にその場で“俺はやってない、うそつくなや”って、きっぱり言えるようになればいいねん。』
『ヘタレ…学校休むほどのことかいな』
『ヘタレ言うな(#^ω^)とにかく、学童の先生はとても褒めてくれたし、学校の先生にも報告したけど、“悩み事があるらしいので話を聞くためにやすみます→ゆっくり話聞いてあげてください”からの“こんなことがあり解決しましたが、小学校でのときは担任の先生にいうんだよって話したんで今後お力借りることがあると思いますがそのときはよろしく→それはよかったです。わかりました”って、温かい反応やから。その程度で休むとかヘタレって先生たちも思ってないから、いいかい?』
『わかった』

夫とはその後も色々話した。

夫はどちらかというと、先生も親もあまり信用してないように見える。
大人に相談したことがあるかと聞いたら答えはNOだった。

『いじめられたことはなかったん?』
『一過性のものはあったけど、闘ってたし。』
『どうやって』
『やられたらやりかえす』
『やりかえすんかい…ああでも、ちょっとからかってやろうぜ、で返り討ちにあったら、“あいつ見た目小柄やけど怒ったら怖いし”ってそこで止まるかもやなあ。継続していじめられる子はそこで我慢するから。私は特定の相手にずっと嫌がらせされてたけど先生や親に相談すると、親のほうが心配しすぎて発狂しておかしくなるから、だんだん言えなくなったんや。だから、もし大人に相談しないで、夫さんみたいに、まっとうな社会人になって、親を殺したりすることもなく、犯罪も侵さずにって大人になる方法があるなら聞いてみたいなあと思っててん。闘うのって子どもにはおしえられないの?』
『殴っていいなら話は早いけどな。』
『殴るんか』
『え、子供同士のケンカなんてそれが一番早くない?』
『一理ある(笑)。あるけど、うーん、それを長男に教えるのは酷やな。やっぱきっぱり言えるように育てるか。』

そのあと、
子をお風呂に入れたり早く寝かそうとバタバタしてるのに夫が優雅にコーヒー飲んでるから、
『あんたなあ、ご飯作るのが遅いと寝るのが遅くなるとかいうのに消灯時間すぎても自分がコーヒー飲むために電気消さないって何やねん。』
『今日はいうてないもん』
『わかってるか?“あんたやすみやったやん”ってすぐ言うから今日も私家事育児全部頑張ってるけど、先生に話しに行くの、気楽には行ってないで。だってもし夫さんが、仕事前に長男が同じよな態度とったらどうしてたよ?夫さんは休みの日しか送らないけど、仕事前だよ?』
『たらればの話はしません』
『…つべこべ言わずに行けっていうよね』
『え…うん』
『だったら敬意と労い!それでも今日働いたあなたにも敬意と労いを持ってるからあなたがいま食べてるケーキ買ってきたんやからな!早く電気消して娘さん寝かす!』
『はいはい』

そんな感じで長かった一日は終わりました。
やれやれ。

あ、そうそう最後に今日、
長男に言われて一番うれしかったことを書く。

最近もう、
我が子達の健全さを目の当たりにするたびに、
自分の歪みに気づいて愕然とするばかりなんだけど、

そんな歪んだ自分でも、
この優しくて真っ直ぐな子が、
安心できる程度の愛情は伝えられてるとしたら、
もうそれでいいやありがとうおかあちゃんは幸せです、

と思った一日でした。

それでは、また。

篠原みなも

追伸

ブログ更新したりツイッターで言えないことは、
メルマガで流してますので登録おねがいします。
http://shinohara-minamo.com/merumaga
日々のメール以外に以前勢いで友人と収録したゆるい育児セミナーも公開してます。
一つ5分~15分くらいの音声動画が、
しばらく無料で送られてくるようになってます。

『負の連鎖を断ち切る』をテーマにしたnoteの連載もやってます。
https://note.mu/minamo_s/n/n1ca1ee94c08a

毎日更新!ツイッター
自由なおかん@篠原みなものフォローはこちらから
https://twitter.com/jiyuunaokan

LINEのお友達登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40ypk7867f

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人:篠原みなも

こんにちは。

篠原みなもです。

おいしいものと、子どもの観察、

景色のきれいなところでぼーっとするのが大好きです。

1歳ハルカ♀、4歳ミノル♂、6歳カズミ♂と、

3人の子どもがいますが、

『大変ねえ!!』

って言われるたびに違和感バリバリ。

日々いかにたのしく平和にお気楽に生きるかを追求しています。

篠原の詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。